食事中の水分摂取のポイントとは

最近はカフェでランチをとったりする時に必ずドリンクが付きますよね。

 

もちろんそれはサービスの一環なので悪いことではありませんが、食事中に飲み物を取るのには少しポイントが必要なようです。

 
摂取するのであれば、まずはなるだけローカロリーなものにしましょう。食事によるハイカロリーなものを得ているのですから、それをなるだけ軽く優しくする傾向が必要になります。

 

例えば糖分が多い炭酸ドリンクなどは避け、出来ればお茶などにしておいた方がいいでしょう。

 
また、食事を摂取している間はあまり飲み物を飲まないほうがいいということも言われていますね。

 

これはなぜかというと、食事をすると胃酸が出ますよね。飲み物によってその胃酸が薄まることもありますので、あまりたくさんの水を飲まないほうがいいとされています。

 

スープの場合はあっさり系よりも胃酸が出やすいのはとろみ系・こってり系と言えるでしょう。

 
もしなにか飲むのであれば、ドリンク類は先に片付けてしまいましょう。

 

というのも、食事前に飲むのは胃が膨れ消化管が刺激されるので、食べ過ぎを防ぐことにもなるのです。実は液体だけという場合は、胃に溜まらずその先の消化管へ行くということがわかっているのです。