飲む量について

人間の体の約60%は水でできています。

 

胎児だと90%、成人で60%、老人では50%と年齢によっても違いますが、水が人の体にとって大切であることには変わりありません。

 

1、2日食べずに数キロやせたからといって人は死ぬわけではありませんが、体重に対しほんの数%でも脱水状態になると、頭痛や吐き気がしたり、最悪の場合は命にかかわることもあります。

 

また、体内に取り込む水の量が不足すると血がドロドロになり、体が必要とする栄養や酸素をスムーズに体全体に運ぶことが難しくなります。

 

1日に水を飲む量は成人で約2000mlが必要といわれています。

 

2000mlといっても純粋に水だけでなく、牛乳やコーヒーなどの飲み物や、果物や野菜などの食べ物からも摂取できます。

 

一昔前は水道の水を飲むのは普通なことでしたが、水の重要性が広く認識されるようになってから、ミネラルウォーターなど、より質の高いものが求められるようになりました。

 

美味しいだけでなく、ミネラルなど栄養も同時に補給できます。また肌や体内の隅々の細胞にまで綺麗な水を浸透させえることはアンチエイジングやデトックスなど美容と健康に多いに役立ちます。

 

効果的な水の飲み方としては少量の水をこまめにとることです

 

。喉が渇いたと感じてからでは遅いです。

 

冷たい水をぐびぐびと一気に飲むと胃腸に負担をかけたり、細胞が吸収されずに素通りして排出されてしまいます。

 

ぬるめの水かお湯をゆっくりとこまめに少量ずつ飲む習慣をつけたいものです。