‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

運動時と入浴前

2014/01/20

水を飲むのには、実はタイミングが必要です。たくさん飲むことや効率よく吸収させるためには、どのような時に飲むといいでしょうか。

 
このタイミングはいくつかあります。

 
ひとつは運動の時です。

 

この時は当然汗を多くかくので、体の中に水が吸収しやすく浸透しやすくなっているのです。体を整えるためにもダイエットのためにも多く水を飲めるタイミングでぜひ水を飲んでおきたいものですね。

 

無理しないペースで飲み物を取り、また飲み過ぎないのもできないことでしょう。
また、入浴前にもオススメです。

 

入浴前にはコップ一杯程度の常温の水を飲むことが大事なことになります。

 

というのも、最初に水をそれなりにとっておくと、それだけで体の中の排出物が排出されやすくなるのです。

 

一定の余計なものを排出することができるので、それも魅力となるでしょう。

 
汗はとても重要なアイテムです。ダイエットのために輩出することはとても大事なことですので、体を整えて痩せるためにも大きなものです。

 
余談ですが、飲むものはなるだけ体を整えるためにも無糖のものがいいでしょう。

 

スポーツドリンク等はを多く摂ると糖分も多くなってしまいますので、それは気をつけるようにしましょう。

起きた時の寝る前

2014/01/20

水を飲むという行為は人間だけでなくすべての動植物に必要だと感じさせられますが、生きるために必要であるという根本的なことだけでなく、さらに水というものを追求して考えていくと体の機能をうまく循環させるために必要な接種方法というのを知ることが必要だというように感じられるのではないでしょうか。

 
体というのは、水を飲むことだけ以外にも、食材の中から必要な水を得るということができます。

 
それでも、自然に汗を出して体温調節をしているということから、摂取した水というのは、体外に排出され続けていくのです。

 
とくに運動をする際には、目に見えてあせが出てくるので水を飲むということを思い出しやすいということが言えますが、一方で寝る前などにもコップ一杯の水を飲むということが望ましいということが言えます。

 
というのも、寝ている時というのはかなりあせをかいているので体の中の水が少なくなっていくということが言えるからなのです。

 
そういった意味でも、寝る前に一杯、また起きた時にも意識をして水を補給してあげるというのが体にとってはベストであるとも考えられます。

 
水が少なくなることで、血流が滞ってしまうというようなことにもつながるので、積極的に意識して補給しましょう。

飲む量について

2014/01/20

人間の体の約60%は水でできています。

 

胎児だと90%、成人で60%、老人では50%と年齢によっても違いますが、水が人の体にとって大切であることには変わりありません。

 

1、2日食べずに数キロやせたからといって人は死ぬわけではありませんが、体重に対しほんの数%でも脱水状態になると、頭痛や吐き気がしたり、最悪の場合は命にかかわることもあります。

 

また、体内に取り込む水の量が不足すると血がドロドロになり、体が必要とする栄養や酸素をスムーズに体全体に運ぶことが難しくなります。

 

1日に水を飲む量は成人で約2000mlが必要といわれています。

 

2000mlといっても純粋に水だけでなく、牛乳やコーヒーなどの飲み物や、果物や野菜などの食べ物からも摂取できます。

 

一昔前は水道の水を飲むのは普通なことでしたが、水の重要性が広く認識されるようになってから、ミネラルウォーターなど、より質の高いものが求められるようになりました。

 

美味しいだけでなく、ミネラルなど栄養も同時に補給できます。また肌や体内の隅々の細胞にまで綺麗な水を浸透させえることはアンチエイジングやデトックスなど美容と健康に多いに役立ちます。

 

効果的な水の飲み方としては少量の水をこまめにとることです

 

。喉が渇いたと感じてからでは遅いです。

 

冷たい水をぐびぐびと一気に飲むと胃腸に負担をかけたり、細胞が吸収されずに素通りして排出されてしまいます。

 

ぬるめの水かお湯をゆっくりとこまめに少量ずつ飲む習慣をつけたいものです。

飲む水の温度について

2014/01/20

人の体の大部分を占めているのは水です。

 

水がなくては人は数日さえ生きていくことができません。

 

成人で一日に必要とされる水の量は2リットルくらいといわれています。

 

ただし純粋な水そのものだけでなく、牛乳や果物などの食べ物からとることもできます。

 

一昔前は水といえば水道の蛇口から出る水を飲むのが普通でしたが、今ではより質の高い水が求められ、ミネラルウォーターなどがどこでも手に入るようになりました。

 

より美味しく、より健康に良い水が求められる中で、おろそかにされがちなのが水の飲み方です。

 

体内の細胞が効果的に水と取り入れることができるよう、飲む温度や飲み方にも気を遣いたいものです。

 

冷たい水を一気にごくごく飲み干すのはお勧めできません。

 

一度に大量の水を補給しても胃液を薄めて消化能力が低下してしまい、胃腸に負担になります。

 

また吸収が追いつかず、体の細胞が吸収できずにそのまま素通りしてしまいます。

 

また冷たい水を飲むと肝臓の働きも急激に低下し、脂肪の分解に必要な胆汁の分泌や解毒作用などの働きも低下してしまいます。

 

常温からちょっとぬるめくらいの水を飲むのがお勧めです。

 

喉が渇く前に定期的に常温の水を小分けにして飲むようにしましょう。

効果的な水の飲み方とは

2014/01/20

水の正しい飲み方とは、いったいどうしたら良いのか。

 
体調調整に効果的なことは回数を多くすること。

 
こまめに水を飲むことにより急激な変化を防ぎ血液の流れを良くするのです。

 
水を多くとろうと一気飲みをする方がいますが、危険なのでやめてください。

 
間隔は30分から一時間毎に1杯を目安に飲むと効果的でしょう。

 
人間は、毎日2、5リットルもの水が体内から失われると言われています。

 

 

食事からもとれますので、それを差し引いて通常約1、5リットルの水をとれば体内バランスがとれるのです。

 
水を正しく飲むポイントは常温で飲むことです。

 
常温で飲むことにより代謝が良くなりダイエットにもなり疲れにくくなります。

 
水不足の人は代謝が悪く体に水をためこみがちになります。

 
これにより水太りやむくみなどを心配される方がいます。

 
なので冷水ではなく常温で、そして少しずつ無理のない程度に水を飲めば誰でも簡単に血行が良くなります。
続けることが大事ですね。

 
血行が良くなることにより冷え性にも効果的です。

 
さらに、血行促進が期待できる炭酸水を選ぶことでますます代謝アップです。

 
普段お茶やコーヒーを飲んでいる方はお水や炭酸水に変えてみることをおすすめします。

 

食事の塩分に注意

2014/01/20

食事をしていて、気を付けていることというのは主にカロリーであるという人は多いと考えられます。
昨今のダイエットブーム、並びにメタボ健診などがはじまってから、自分の体形と健康状態ということに意識を向けるようになったという人は増えてきたと言えるのではないでしょうか。
レストランなどのメニューにおいても、カロリー表示というものがあるのは今や当然ともいえるようになっているのですが、一方で食品に含まれている塩分に注目をして気を付けているというような人は、まだまだ少ないのかもしれません。

 
塩分は人間にとって必要な成分でもあります。

 
味付けとしても一番シンプルで、それがありさえすればほとんどの食材を塩一本で味付けしても楽しめるというような素晴らしいものでもあります。

 
ですがやはりとりすぎというのは体、特に腎臓に負担を及ぼすということにもなります。

 
血圧が高いというようなことを気にしている人であれば、なおさら食塩摂取の量を控えめにするという子を心がけておかねばならないでしょう。

 
そのためには、自宅においても外食をする際においても、どのぐらいの食塩を使用しているかを知るということと、一日でとって大丈夫な量というものを知るという事から始めるべきなのです。

痩せにくい身体になる可能性

2014/01/20

水は、人間の生命維持にとって重要な成分であり、身体の老廃物の排出のためにも重要な働きをするので、美容と健康のためには1日に最低1.5リットル以上の水を飲むべきだといわれています。

 
しかし、水を飲むべきタイミングを誤ると、痩せにくい身体になる可能性も指摘されています。

 

たとえば、食事直前や食事中、食事直後などに大量の水を飲むのはできるだけ控えるべきとされています。

 
食べ物は胃に運ばれると、胃の消化酵素(胃酸)によって分解され、その後、十二指腸へと送り出されます。

 
ところが、食事直前や食事中などに大量の水を飲んでしまうと、胃の中で食べ物を消化するために分泌された胃酸が薄くなってしまいます。

すると、胃の消化能力が低下してしまうため、消化に時間がかかるようになります。

 
また、低下してしまった胃酸の濃度を再び上昇させる必要があるため、通常よりも消化酵素の生産量を増やすことになってしまいます。

一方、人間の体内では、食物の消化に使われる酵素以外にも脂肪を燃焼してエネルギーに変換する代謝酵素などの様々な酵素が生産されています。

 
しかし、人間の酵素の生産能力には限界があるため、消化酵素が大量に生産されると、他の酵素の生産能力が低下してしまいます。

 
つまり、消化のために消化酵素が大量に分泌されると、それにともなって代謝酵素のつくられる量が減少するため、脂肪が燃焼しにくくなってしまうのです。

 

以上のように、食事中、食事直前、食事直後に大量の水を飲む行為は、ダイエットの大敵といえるので、食前30分前以降は水などの飲み物を控え、食後は消化活動が一段落する2時間後までは飲み物を控えることをオススメします。

 

飲み過ぎると太りやすくなる説

2014/01/20

最近時々耳にするのが、水を飲み過ぎると太りやすくなるということです。

 
これについてはいくつかの説があります。

 

ひとつはものを食べれば体重計の数値が上がるに、飲み物を飲めば体重が増えるように感じるということでもあります。

 
もう一つは、血糖値の問題です。ドリンクに含まれる糖分は、血糖値を上げインスリンの分泌を促します。

 

もちろん普通に食事をしても分泌されるのですが、特に甘いドリンク類に含まれる果糖液糖ブドウ糖は、特に分泌を促しやすいという成分でもあります。当分の中でも特に刺激のある糖分ということですね。

 

このため、血糖値を下げようとして分泌されたインスリンで脂肪の代謝が悪くなるということがあります。

 

また、これが原因で糖尿病になるというようなこともあるようです。

 
このため、食事中はあまり多くのドリンクを飲んだりするのは避けましょう。

 

特にコーラやサイダーなどの炭酸飲料や甘いドリンクはこういった成分も多いものですから、避けた方がいいものでもあります。

 

最近は特に食事中はあまり飲み物を飲まないという傾向もありますので、ぜひ考えてみましょう。

 

また、もし何か飲みたいというのであればお冷やお茶などのノンカロリーのものにしておくといいでしょう。

食事中の水分摂取のポイントとは

2013/12/18

最近はカフェでランチをとったりする時に必ずドリンクが付きますよね。

 

もちろんそれはサービスの一環なので悪いことではありませんが、食事中に飲み物を取るのには少しポイントが必要なようです。

 
摂取するのであれば、まずはなるだけローカロリーなものにしましょう。食事によるハイカロリーなものを得ているのですから、それをなるだけ軽く優しくする傾向が必要になります。

 

例えば糖分が多い炭酸ドリンクなどは避け、出来ればお茶などにしておいた方がいいでしょう。

 
また、食事を摂取している間はあまり飲み物を飲まないほうがいいということも言われていますね。

 

これはなぜかというと、食事をすると胃酸が出ますよね。飲み物によってその胃酸が薄まることもありますので、あまりたくさんの水を飲まないほうがいいとされています。

 

スープの場合はあっさり系よりも胃酸が出やすいのはとろみ系・こってり系と言えるでしょう。

 
もしなにか飲むのであれば、ドリンク類は先に片付けてしまいましょう。

 

というのも、食事前に飲むのは胃が膨れ消化管が刺激されるので、食べ過ぎを防ぐことにもなるのです。実は液体だけという場合は、胃に溜まらずその先の消化管へ行くということがわかっているのです。